古民家リノベーション記

kitchen

もっと古民家を身近にしたい

今となっては建築法違反で建てることのできない昔ながらの古民家。
実は日本の風土に合った工夫がたくさんあります。
土間や収納一つ見ても、日本の暮らしに寄り添った造りになっていて、昔の人の丁寧な暮らしが伺えます。
古民家は手入れをしていけば長く住めますが、今の生活様式と合わない。
改装にはお金がかかるし、かえって新築を建ててしまう方が安く済む場合もあります。
壊してしまうのは簡単だけど、手間をかけても、昔から続くこの大切な景色を子供達に残して生きたいと思うのと、私もそうですが、田舎がもうない子供達に思い出の昔ながらの田舎を作りたいなと思って古民家キャンプ場をはじめました。さて古民家は手に入ったものの・・・

昭和のキッチンをどこまで可愛くできるか

昭和のキッチン。それはそれで可愛いとこもいっぱいあるんだけど、色々と惜しい。
そのまま使うのは不便。
清潔感もイマイチ。
そこをクリアにしていけば、もっと古民家が身近になるはず!!
ということで古民家リノベーション、やっていきたいと思います!

画像4

なぜかキッチンの床がタタミ

今回の物件は、なぜかキッチンの床がタタミ。
真ん中に掘りごたつ。
そして土壁。
色が暗いので、キッチン全体が暗い。
シンク全体がベタベタで汚い(写真があまり残ってない)
意味のわからないガムテープで補修されたシンク。
などなど不思議が盛りだくさん。
さて、これをどうするか!
私はメイクも部屋も劇的ビフォーアフターが大好きなので、考えるだけでワクワクします!!

名称未設定のデザイン (10)

リノベーション・・・

測定はしたくないし金もかけない

まず、計るとかそういうのが苦手。嫌い。
古民家リノベーションとか言ってますが、本当はそういうのやるタイプの人間じゃないので、面倒な作業は飛ばします。一切、やりません。
でも、お金もかけたくないので、自分でできることは全部やるしかない。(今回は給湯器の交換だけ業者に頼みました)

名称未設定のデザイン (5)

まずは掃除する

クリーニング業をやってますので、掃除するのは得意です。
というか気合いです。生活のためなら人間は何でもできるのです。
古民家リノベーションに掃除はつきもの!とりあえず、汚い家、古い家、やばい家、一旦、掃除します。
埃と油、汚れ、匂い、無くしてから考えましょう!!!修行です。
魂を磨きます。
大抵の古民家は家財道具付き(私の経験上)
ゴミの回収費用と掃除代がかかりますが、あきらめて片ずけましょう。

名称未設定のデザイン (6)

モチベーションを上げる為に

ゴミを捨てて、綺麗になったら、モチベーションを上げるために、もう目立つ所からやりましょう。窓枠の掃除とかは後回しです。
ガラッと変わるのは、壁とか床とか面積の広い場所!!
ここからやるのが大事です。
今回、古民家の暗い土壁は白いペンキで塗り替えます。
本当は珪藻土などにこだわっても良かったのですが、今回はキャンプ場運営の為のリノベーション。目標はGW繁忙期までに仕上げる事です。
ちまちま塗ってる暇はなし。スピード優先でペンキにしました。

ペンキは下準備8割の仕事2割

職人バイト経験豊富な夫の格言です。
ペンキは塗るのより、塗る前の作業が大事と。
塗らない場所、端っこをマステでしっかりカバーすることや、ビニールで床をしっかり養生すること。
これがペンキ塗りの8割だそうです。
そうでしょう。
というわけでここは夫に全投げしました。
こういうのが苦じゃない人が世の中にはいるので、苦手な人はどうにか探してやってもらいましょう。
私も養生をしたことがありますが、はみ出てしまったり曲がってしまったりして、全然ちゃんとできず、テープ一つ綺麗に貼れないダメ人間の烙印を押されて終わりました。
苦手な事をやり続けると死にたくなるのでここは素直にやれることだけやりましょう(逆も然り)

まだ下地塗りがあった

養生が終わり、さあいよいよペンキだ!と思ったら、下地塗りがありました。
土壁はポロポロ剥がれてくるので、そのままペンキを塗ってもうまくのりません。それどころか、よけいに剥がれてきたりしますので、土壁専用の下地を塗っていきます!!
透明のノリのようなものですが、ペンキの要領で塗っていきます。透明なので、労力の割に達成感が全く出ず、辛く厳しい作業ですが、ここは頑張りましょう。次はいよいよペンキです!!

白が全てをカバーする

白いペンキを塗ったら、もうそこには古臭い土壁も、意味不明のシミもありません。木枠が映えて古民家ならではの味も出てきます。
もう素敵に見えてきます。

ここまできたら古民家リノベーション8割はあなたの優勝です。

とりあえず、タタミの上に今っぽい床の模様のクッションフロアを貼ります。

和室のリメイクに迷った時はクッションフロアをタタミの上から貼りましょう。心が落ち着きます。
和室を洋室に!みたいなリメイクはもうこの作業一つで完成でいいでしょう。それくらいの威力があります。シートなのに。
タタミが洋室の床っぽくなるだけで全然変わります。
タタミを剥がしてるわけでも、床を張り替えたわけでもありません。ただ、タタミの上に養生テープをはり、そこに両面テープ、クッションフロア、これだけです!!
部屋の広さに合わせたシートが必要なので、全体を何となく測りましたが貼ると時は角に合わせて貼っていき、余った部分や壁の凸凹に沿ってカッターやハサミでカッティングするだけです。潔癖症なのと掃除業をやってる身として、ゴミが隙間に埋まってくのだけは避けたいので、そこはきっちりくっつけて隙間のないように貼り付けました。

画像8

よく見るとボコボコしてるけど気にしないことが大切。

この作業でだいぶイメージが変わったと思います。

画像8

とりあえずの完成写真はこちらです。換気扇もしっかり綺麗に磨きました。茶色かったのが真っ白になりました。
ダサダサな電球を早く替えましょうね。次回にそうご期待!

次回に続く

長くなったので、続きは続編にします!(あるのか)とりあえず、キッチンのリノベーションはここまでで8割、完成と言った感じです。
清潔感だけはこだわりたいので、掃除には力を入れましたが、リノベーション自体は意外と簡単にできたと思います。
何らかの理由で昭和キッチンをどうにかしたいと思ってる方の参考に少しでもなれば・・・(何の参考にもならなそうですが・・・・)

ここまで読んでいただきありがとうございました。お風呂は新しいので安心して遊びにきて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。